やまがたのデザイン

〈やまがたおみやげ菓子開発プロジェクト〉販売会のお知らせ

cherrylandやまがたおみやげ菓子開発プロジェクトで生まれた3製品を、チェリーランドさがえにて販売します。さくらんぼで賑わうこの季節、ぜひお立ち寄りください!

期間 2016年6月18日(土)~7月31日(日)
場所 チェリーランドさがえ(寒河江市大字八鍬字川原919-8)

〈やまがたおみやげ菓子開発プロジェクト〉成果発表会&復興デザインマルシェ出店について

Yamagata_Omiyage2山形県では、県産食材を活かした山形らしいおみやげ菓子をつくるため、昨年7月から、県内の菓子製造企業×アドバイザー×デザイナー×工業技術センターで開発に取り組んできました。

〈プロジェクトメンバー〉
・アドバイザー 中山晴奈氏(NPO法人フードデザイナーズネットワーク理事長)
・デザイナー 小板橋基希氏(株式会社アカオニ)
・菓子製造企業/有限会社結城米菓、株式会社モミの木、株式会社銘菓の錦屋、有限会社木村屋、有限会社グローバルアイ
・事務局/山形県工業技術センターデザインGr、株式会社エーディーバンク、県工業戦略技術振興課
体制図本プロジェクトでは月1回ペースで検討会をおこない、各社が取り組んでみたいことをベースに、ターゲットである女性が〈食べやすい〉〈持ち運びやすい〉サイズ感や容量、味付け、食感などについてそれぞれアドバイスをいただき、最終的にパッケージまで含めて検討してきました。また、初回の全体会議や中間発表会には女性による異業種交流チームにも参加いただき、買い手・もらい手目線からの意見を反映させていきました。
5c 5b 5d


〈成果発表会〉
日時 3月16日(水)14:00-16:00
会場 やまがた藝術学舎(山形市松見町17-1)2f
成果発表会では、中山氏から現在のおみやげ菓子の動向と本プロジェクトが目指してきたことについてのお話の後、各社から開発プロセスを報告しました。
2a 2b
今回お披露目したのは、
◎山形七煎/(有)結城米菓
山形県産の紅花や秘伝豆、ゆうきや秘伝の醤油、ぬた、樹氷など、山形らしい7つの味と形が一袋で楽しめるお煎餅。
1a
◎山形の野菜と果物のチップス/(株)モミの木
山形県産の3種類の野菜(里芋、赤かぶ、にんじん)と、4種類の果物(りんご、庄内柿、ラ・フランス、キウイ)を、素材の持つ色や香り、栄養をなるべく損なわないよう低温真空加工で仕上げたチップス。
1b
◎上杉パイ/(株)銘菓の錦屋
全国的に知名度の高い米沢牛と、上杉鷹山公が栽培や飼育を奨励したことで置賜地域で伝統的に食されてきたうこぎや鯉をクッキー生地に練りこみ、パイで包んだお菓子。
1c
◎だだちゃシリーズ/(有)木村屋
鶴岡特産のだだちゃ豆を独自技術で加工することでこれまでにない濃厚なだだちゃ豆の味と香りが楽しめる餅菓子とダックワーズ。
1d
開発が進むにつれ、商標のことなど各社毎に課題が様々出てきましたが、それぞれにトライを重ねて、無事お披露目することができました。試食会では、参加者から「山形の素材が活かされていて美味しい」「パッケージもかわいい」という意見が多く寄せられました。
2c3b3a


 

〈 復興デザインマルシェ 2016 に出店します! 〉

今回開発した商品のほか、各社の既存商品も併せて販売いたします。試食もたくさんご用意いたしますので、ぜひご意見お聞かせください!

会期 3月22日(火)-23日(水)11:00-19:00
会場 東京ミッドタウン アトリウム(ガレリアB1F)
入場料 無料
出店者 東北地方、茨城県のメーカー、デザイナーなど約35社
http://www.jidp.or.jp/marche2016/

山形エクセレントデザイン2015審査結果(速報版)

山形エクセレントデザイン2015の受賞製品及び奨励企業が決定しましたのでお知らせします。

●山形エクセレントデザインとは
本県ものづくり産業における魅力的で競争力の高い製品づくりとデザインマインドの向上を目指し、県内で企画・開発・生産された優れたデザインの製品を選定・顕彰する事業。平成9年に第1回の選定が行われ、現在は2年ごとの実施となっており、本年度で9回目を迎えます。
主催:山形デザインコンペティション実行委員会(会長:山形県知事)
●応募状況(募集期間:平成27年7月13日(月)~9月18日(金))88点(60社)
●受賞製品及び奨励企業
10月30日(金)に6名の審査委員による審査が行われ、計15点が選定された。
・エクセレントデザイン大賞        1点
・エクセレントデザイン地域デザイン賞   3点
・エクセレントデザイン技術デザイン賞   2点
・エクセレントデザインブランドデザイン賞 1点
・エクセレントデザイン入賞        8点
併せて奨励企業12社が選出された。

受賞製品

●エクセレントデザイン大賞(1点)

Print
【COLON CORPO 】
株式会社コロン(天童市)
デザイン:萩原 尚季・川勝 節子、竹内昌義(東北芸術工科大学建築環境デザイン学科)
参考価格:85,000,000円
サイズ:W14.1×D14.2×H9.6m
パッシブデザインを取り入れた高気密・高断熱の次世代型集合住宅。自分たちの働く場所やゲストルーム、ギャラリースペースを設けることで人と人を緩やかに繋げ、東北地方で快適に「暮らす」ことをデザインしています。

 

●エクセレントデザイン 地域デザイン賞(3点)

inagofurikake
【いなごふりかけ】
有限会社佐藤商店(真室川町)
デザイン:小板橋基希(アカオニデザイン)
参考価格:680円
サイズ:W50×D50×H85mm
いなごが苦手な人でも食べられるように細かくし、地元のおからや梅干し、藻塩など厳選した素材と合わせたふりかけ。地域に伝わる上質な素材と食文化を未来へ伝えたいという想いをシンプルで上品なパッケージでまとめています。

 

s-hijirisha_05
【日知舎のおえ草履】
日知舎(鶴岡市)
デザイン:成瀬正憲
参考価格:9,500円
サイズ:W250×D280×H70mm
失われつつある文化を継承していくために、若い世代が手に取れるプロダクトとしてリデザインされたおえ草履。継承者の育成、文化的背景を伝える冊子を添えるなど、おえ草履をつくるという文化の総体を伝承する仕組みになっています。

 

mogami
【最上を受け継ぐヒトとモノ】
吉野敏充デザイン事務所(新庄市)
デザイン:吉野敏充、佐藤博孝、土屋勇太(豊作ブランディング)、各作家
参考価格:300~20,000円
サイズ:商品により異なる
木工や蔓細工、陶器、和紙など最上地方の様々な職人と作りだしたこの土地の文化・技・想いを伝える(受け継ぐ)モノ。冊子やwebではモノづくりの背景や作り手の想いが丁寧に紹介されています。

 

●エクセレントデザイン 技術デザイン賞(2点)

COOL WOOD_2時間耐火_2
【COOL WOOD】
株式会社シェルター(山形市)
デザイン:武田純一
参考価格:時価
サイズ:物件の希望に応じて
核となる木材を石こうボードで囲み、外側をさらに木材で覆った耐火木構造部材。低コストで加工しやすいことに加え、外観が木質のため、温もりを生かした建物に仕上げることができます。

 

TP-S_手持ち_022014-0327
【Easy Thermo】
株式会社チノー 山形事業所(天童市)
デザイン:吉泉 徹、佐久間保幸
参考価格:46,000円
サイズ:W50×D138×H39mm
ポケットに入れて持ち運びができる小型軽量、低価格、簡単操作の熱画像機器。公共施設や教育現場はもちろん、料理、カーメンテナンス、海釣り等、個人ユースの新たな市場が期待されます。

 

●エクセレントデザイン ブランドデザイン賞(1点)

さくらんぼファーム
【王将果樹園 果物用パッケージ】
農業生産法人(株)やまがたさくらんぼファーム(天童市)
デザイン:萩原尚季((株)コロン)
サイズ:W390×D275×H120mm
種類やサイズが異なる果物のパッケージを新たに作製するにあたって、スタッフとデザイナーが一緒になって企業のCIから構築。ロゴマークはパッケージだけでなく、名刺やユニフォームなどにも展開し、企業イメージを高めています。

 

●エクセレントデザイン入賞

s-IMG_0422
【ふわりと足を包み込む 麻のスリッパ「さふら」】
阿部産業株式会社(河北町)
デザイン:阿部弘俊・阿部宏子、山形県工業技術センター
参考価格:4,200円
サイズ:W120×D290×H100mm
軽くふんわりとしながら型崩れしない、スリッパメーカーが本当に履きたいと思う履き心地を追求したスリッパです。地域の特産である紅花で染めた糸をアクセントに使い、産地全体のPRにつながるような物語性を持たせています。

 

s-works_photo0411-056
【世界一大きな雪だるまの雫】
大蔵村
デザイン:萩原尚季(東北芸術工科大学グラフィックデザイン学科)
サイズ:W70×D70×H210mm
月山・葉山の雪どけ水からつくられるおいしい水道水をボトリングした手に取りたくなる広報物。輸送用のダンボール箱は、PR活動時に積み重ねて使用するとより効果的になるよう工夫されています。

 

IMG_7705
【オーロラコーヒー】
オーロラコーヒー(山形市)
デザイン:小板橋基希(アカオニデザイン)
価格:1,050~1,250円
サイズ:W80×D50×H140mm
コーヒーの銘柄ごとにマーカーでチェックを入れることで一つの袋で対応できるよう考えられたパッケージ。マーカーと同じ色の輪ゴムがアクセントであるとともに保存時に利用できます。

 

タオル1
【リネンタオル・ストール・レギンス、ヘンプマット】
株式会社ケンランド(山形市)
デザイン:高橋勇貴
参考価格:タオル1,700円、ストール7,500円、レギンス9,500円、ヘンプマット3,800円
サイズ:タオルW300×D700mm、ストールW600×D1700mm、レギンスW290×D920mm、ヘンプマットW650×D450mm
ニット技術を活かした「軽くて柔らかく、シワになりにくい」リネン商品。麻特有のちくちく感がなく、使い込むほど肌になじみます。吸水性が良い・乾きが早い・雑菌が繁殖しにくいという特性を活かした商品です。

 

paripari
【PARIPARI×SAKUSAKU日和】
酒田米菓株式会社(酒田市)
デザイン:佐々木恵子・竹内彩夏、治部智美(同仁デザインセンター)
参考価格:3,140円
サイズ:W340×D265×H70mm
酒田の代表的観光名所・名品をモチーフにデザインした袋に、一口サイズのおせんべいとチョコレート商品8種類を入れた詰め合わせBOX。単品でも箱詰めでもお土産品として成り立つよう工夫されています。

 

ジャスト
【ダイヤモンド電着ピンセット】
ジャスト株式会社(上山市)
デザイン:今野高志
参考価格:7,000円(加工費)
サイズ:W120×D10×H12mm
微細な先端にダイヤモンド粒子をめっきで固着させ高いグリップ力を付加したピンセット。未処理品に比べ3倍以上の効力があります。ピンセットの他、脳神経外科手術用の術具でも実用化しています。

 

ラタンハンガー
【籐ハンガー】
有限会社ツルヤ商店(山形市)
デザイン:羽田康志
参考価格:3,000円
サイズ:W400×D130×H20mm
籐の無垢材で作った4種類のハンガー。表面を無塗装仕上げとすることで気持ちの良い手触りと掛けた服が滑りにくいという効果を出しています。洋服だけでなくストールやネクタイなども掛けることができます。

 

s-萩原農園
【萩原農園の大豆菓子】
萩原農園(高畠町)
デザイン:石橋鉄志・亀森将博・廣瀬佐知子(REPUBLICA)
参考価格:380~500円
サイズ:W110×D45×H200mm
山形県産大豆の美味しさを若い世代の人たちにも伝えたいという想いで、お酒やコーヒーなどの飲み物に合う「おつまみ」となるようにそれぞれ味付けした豆菓子。大豆の新しい楽しみ方、食べ方を提案しています。

 

奨励企業

芦野和恵、㈱石澤製作所、㈱エスプレモ、㈱加藤紙器、櫛引農村工業農業協同組合連合会、くだものうつわ、㈱JPD、関川しな織協同組合、㈱高橋型精、㈱つたや物産、㈲山形工房、ロッケンフルーツプロジェクト

 

 

山形エクセレントデザイン2015募集案内

ex_2015_ad

応募について

応募締切:平成27年9月18日(金)

【募集対象】 過去5年以内に、県内で企画・開発・生産され、販売されている又は平成27年12月までに販売予定の製品及び商品。〈BtoB(法人顧客)製品を含みます。過去選定外品をリニューアルした製品の再応募も可能です。〉

【応募資格】 ●応募製品を開発・製造した県内企業及び個人とします。/●当該製品の企画・開発が県内で行われたものであれば、製品にかかわるデザイナーの所在については問いません。/●複数の企業で構成されたグループによる製品の場合、県外企業との共同開発による製品でもかまいません。

【応募方法】 所定の「応募申込書」に必要事項を記入し、応募製品の写真(A4サイズ以内)を同封の上、事務局まで郵送するか、「応募申込書」をホームページ(http://www.yamagatanodesign.jp)からダウンロードの上、製品写真とともにデータを電子メールで送付する方法により応募してください。なお、写真は返却しません。 ●応募手数料:無料/●募集期間:平成27年7月13日(月)~9月18日(金)/●提出先:山形デザインコンペティション実行委員会事務局(山形県工業技術センター内)あて *応募者には、応募申込書受理後に「出品製品貼付カード」を送付します。

【製品の搬入】 審査は搬入された製品(現物)で行うことを原則とします。ただし、搬入が困難な装置、機器等は、A1判パネル2枚以内にまとめて提出してください。 ●搬入期日:平成27年10月26日(月)~28日(水)の3日間/●場所:山形県工業技術センター/●方法:委託搬入、直接搬入のいずれでも可能ですが、委託搬入の経費は応募者の負担となります。

» 応募用紙ダウンロード〔 PDFWORD

【製品の搬出】 ●選定品:表彰式が終了するまで事務局にて保管します。保管が困難な製品は別途調整をお願いすることがあります。搬出日は後日ご連絡します。/●選外品:委託搬出をご希望の場合は、審査会終了後事務局より着払いにて返送します。直接搬出の期日は後日ご連絡します。

審査について

【審査会と結果の通知】 ●審査日:平成27年10月30日(金)(非公開)/●審査の流れ:【応募者プレゼンタイム】希望者は、応募品について直接審査委員に説明することができます。(1社3~4分程度の予定) *希望者の状況により、時間や方法を調整します。 → 【一次審査】 → 【二次審査】協議により、大賞・各特別賞・入選の決定と、奨励企業の選出を行います。*公平かつ厳正な審査を行うため、審査委員自身がデザインまたはコンサルティングした製品については、当該製品の審査には加わらないこととします。

【審査の視点】 ①計画性:コンセプトが優れているか。企画から生産、販売までのプロセスが明確であるか。/②機能性:機能、性能が優れているか。操作、保守、管理が容易であるか。/③安全性:安全性が十分考慮され、使いやすく親しみが持てるか。/④社会性:リサイクルなど環境への配慮がなされているか。耐久性、ユニバーサル性を考慮しているか。/⑤市場性:消費者のニーズに応えているか。品質や価値に見合った価格であるか。商品として魅力的であるか。/⑥未来性:豊かな未来の暮らしを拓く可能性を持っているか。

【賞】
・エクセレントデザイン大賞 1点(トロフィー・賞状)
・エクセレントデザイン各特別賞 数点(トロフィー・賞状)
・エクセレントデザイン賞 数点(賞状)

その他、今後の取組み次第で向上が期待される企業を「奨励企業」として選出します。「奨励企業」は、デザイン関連事業へ優先的に参加できます。

【応募品の一般公開】 ●期日:平成27年11月2日(月)11:00~17:00/●会場:山形県工業技術センター*公開展示は希望者のみとします(応募時に確認)。この時、審査結果は公表しません。

審査委員

  • 01
    審査委員長 赤池学 株式会社ユニバーサルデザイン総合研究所 代表取締役所長/プロダクトデザイン
  • 02
    審査委員 石川俊祐 IDEO ディレクター/プロダクトデザイン
  • 03
    審査委員 川上典李子 21_21 DESIGN SIGHT アソシエイトディレクター/
    デザインジャーナリスト
  • 04
    審査委員 中山ダイスケ 株式会社ダイコン 代表取締役/アートディレクター
  • 05
    審査委員 日野明子 スタジオ木瓜 代表/クラフトバイヤー
  • 06
    審査委員 森谷昌美 mujina design 代表/グラフィックデザイン

表彰式について

【表彰式】 ●期日:平成27年12月(予定)/●会場:山形県産業創造支援センター(表彰式と同時に選定品の公開展示を行います。また、エクセレントデザイン応募者が直接審査委員からアドバイスを受けられる製品改善相談会を開催する予定です。)

受賞・応募特典について

【パンフレット・ホームページ、展示会での紹介】 選定品紹介パンフレットを作成し、受賞者をはじめ関係各所に配布します。また「山形エクセレントデザイン」ホームページ内で紹介します。次年度、県内展示を行い、県内外に広くPRします。
【ブラッシュアップスクールへの優先参加】 市場投入、販路拡大に向けた製品のブラッシュアップや販売手法の勉強会を行い、次年度、展示会等への出展を目指します。*対象分野は主に一般消費者向けの商品で、受賞企業及び奨励企業優先となります。
【デザイナーマッチング会への優先参加】 デザイナー(主にプロダクトデザイン分野)との交流会及び企業見学会を行い、将来的にデザインを活用した商品開発を目指します。 *奨励企業優先となります。

注意事項

●応募製品の著作権及び知的財産権は、応募者に帰属します。したがって、これらの保全措置は応募者の責任において、自ら実施してください。/●審査発表後であっても、他人の諸権利に抵触することが判明したり、他人の製品と同一、または、類似とみなされる場合は、賞を取り消すことがあります。

お問い合せ先

山形デザインコンペティション実行委員会事務局
山形県工業技術センター 企画調整部連携支援室(月本・大場)
〒990-2473 山形市松栄2-2-1
TEL. 023-644-3222/FAX. 023-644-3228
E-mail yxdesign@yrit.pref.yamagata.jp

【主催】 山形デザインコンペティション実行委員会:山形県、山形市、山形県商工会連合会、山形県商工会議所連合会、山形県中小企業団体中央会、(公財)山形県企業振興公社
【後援】 経済産業省東北経済産業局、(公財)日本デザイン振興会、山形県市長会、山形県町村会、山形県工業会、山形経済同友会、東北芸術工科大学、国立大学法人山形大学、NPO法人山形県デザインネットワーク、山形新聞・山形放送、朝日新聞山形総局、毎日新聞山形支局、読売新聞山形支局、産経新聞社山形支局、河北新報社、日本経済新聞社山形支局、日刊工業新聞社山形支局、NHK山形放送局、(株)山形テレビ、(株)テレビユー山形、さくらんぼテレビ

最新記事一覧